DMN|Diamond Design Management Network

Business Design Program

IoT

日程:2016年7月15日 / 時間:10:00 ~ 17:00

講師  森川博之
東京大学先端科学技術研究センター教授

日程

2016年7月15日(金) / 時間:10:00 ~ 17:00

会場

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

〒107-6205 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
Tel 03-6743-3779

終了しました

参加費

一般価格(非会員):150,000円( 2名以上参加の場合は1名100,000円)

2014年1月、グーグルはスマートなサーモスタットを作っている会社を32億ドルで買収しました。なぜ、グーグルは32億ドルもの価値をつけたのでしょう。グーグルはどのようなビジネスを考えているのでしょうか。

2015年には、IoT(モノのインターネット)という言葉が至る所で登場するようになりました。なぜ、今になってIoTが取り上げられるようになったのでしょう。どのようなブレイクスルーがあったのでしょうか。IoTに取り組んでいくためにはどのような姿勢で取り組むのが良いのでしょうか。IoT時代の企業の競争力や価値の源泉はどこにあるのでしょうか。

本セッションでは、これらの点に関して議論していきます。まず、IoTが産業構造、経済構造、社会構造の大きな変革につながることを示し、IoTの未来予想図を紹介します。IoTは着実に事業立地や研究開発、組織に至るまで再定義していくことになります。ピーター・ドラッカーが蒸気機関というテクノロジーを「蒸気機関が鉄道の登場を促し、鉄道の登場がめぐりめぐって郵便、新聞、銀行などの登場につながった」と位置付けていますが、IoTも同じように産業構造、社会構造、経済構造の変革に寄与していくことになります。

これらを踏まえて、IoTの視点から参加者全員で新たな事業の可能性を議論していきます。

IoTはありとあらゆる産業分野にまたがり、これから着実に社会に浸透いきます。実は、我々の周囲にもIoTの可能性が膨大に存在します。これらの可能性に気づいてIoTに踏み込んでいけるかどうかがが、企業の競争力を左右することになります。身近な分野でIoTが適用できそうな箇所を洗い出し、生産性向上や価値創造の可能性を議論します。この上で、バリューチェーンやエコシステムの構築へと議論を進めていきます。

IoTはすべての産業分野を対象としています。皆さんの身近なところにもさまざまな可能性が存在するはずです。これらを一緒に議論していきましょう。

プログラム アジェンダ

  • 1.レクチャー
    ・アナログのデジタル化
    ・ガテン系とスマホ系
    ・生産性の向上と価値創出
    ・すべての産業にまたがる汎用技術
    ・身軽な組織での取り組み
    ・System of Systems
    ・気づく力と伝える力
  • 2.IoTワークショップ
    1.自社に関わる多数のアナログなモノ/プロセス(テーマ候補)の抽出
    2.モノ/プロセスの状態/変化を説明する基準の洗い出し
    3.テーマの絞り込み〜デジタル化(IoT)のしくみの記述(文章、チャート、スケッチなど)
    4.しくみを拡張し、ソリューションのエコシステムを構想

講師プロフィール

森川 博之 氏
1992年、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。

東京大学大学院工学系研究科助教授、同新領域創成科学研究科助教授、同工学系研究科教授を経て現職。

主な研究分野は、ビッグデータ、M2M、IoT、センサネットワーク、モバイル、無線通信システムなど。新世代M2Mコンソーシアム会長、OECD/CDEP副議長等

終了しました

contact

株式会社mct DMN 運営事務局
mail: info@dmn-program.jp tel: 03-3405-5135

お問い合わせ

主催:株式会社ダイヤモンド社 www.diamond.co.jp 東京都渋谷区神宮前6-12-17
運営:株式会社mct www.mctinc.jp 渋谷区千駄ヶ谷2-9-9